chromesearchを消す方法

chromesearchについて

chromesearchは,最近(2017年秋ごろ?)から話題になっているらしいマルウェアのことです.当方もあるとき,ESETがやたらと反応しだしてchromeの 設定 -> 検索エンジンの管理 で「chromesearch.win」という項目が既定になっており,変更できなくなっていました.(画像は対処後)

 

 

 

 

ESETが反応するとこんな感じで,ネットにアクセスするたびに通知が出ます.

 

 

 

 

あまり気持ちのいいものでもないので何とかしないといけないという状況になりました.

とりあえず知らべる

調べると怪しい情報がいっぱい出てきましたが,google chrome ヘルプ フォーラムに以下のような解決策が示されていました.https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome-ja/jxngkZcCE1M

まとめると管理者権限でコマンドプロンプトを起動し,以下を実行する

—————————————-­—————————————-­——————————–

RD /S /Q “%WinDir%\System32\GroupPolicyUsers”

RD /S /Q “%WinDir%\System32\GroupPolicy”

gpupdate /force
—————————————-­—————————————-­——

簡単に説明すると,System32にある「GroupPolicyUsers」と「GroupPolicy」を削除するとのことです.

 

やってみる

当方の環境(thinkpad E440 win10)では,C:\Windows\System32 の中に該当するフォルダがありエクスプローラ(GUI)から削除してしましました.たぶん,コマンドプロンプトでやるのと同じだと思います...その後,chromeの検索エンジンの管理を見てみると1枚目の画像のようになり,他の検索エンジンを選択でき,chromesearch.winを削除できるようになっています.

 

 

 

 

結果

どれだけ実害があったのかわかりませんが,削除した後はESETの通知が出ることなく動作しています.

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です