液晶ディスプレイでLEDパネルを作ってみる

はじめに

ライトパネルというのは,店の前によくあるポスターなんかを後ろから照らして目立たせるものです.

普通に買うと結構高いですが仕組み自体は,均等に光るパネルなので自作できそうですね.

材料

ここで,液晶ディスプレイが使えそうだということになりました.使うのは,この見事に液晶が割れたDELL U2913WMです.普通に考えれば利用価値はありませんが,ライトパネルにするには十分です.最近は,バックライトにLEDを使っているので,昔のように冷陰極管ではないのでそこまで高電圧を必要としません.

DSC_0032.JPG

分解

分解方法は,周囲のツメをマイナスドライバーなどでバキバキ割っていくわけですが,結構傷つきます.

あと,はじめは気付かなかったのですが,下の画像のところに隠しネジがあります.

 

 

 

 

 

分解すると回路が出てきます.このLEDバックライトは,50数Vぐらい必要なようです.

DSC_0047.JPG

完成

なかなかいいんじゃないでしょうか.ここで今回は完成としますが,実際に使うにはイーゼルみたいなものに実装しないと使い勝手が悪いですね.

DSC_0049.JPG

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です