Slack経由で家のRaspberry Piにアクセスしてみた

はじめに

今回は,IoTの一環でQitaにあったSlack経由で家のRaspberry Piにアクセスするということをしてみたいと思います.オリジナルで,端折られていた部分を一例として補足します.なお,今回はLEDが光れば良しとします.オリジナルは↓

Slack経由で家の外からエアコンをon, offできる装置を、Raspberry Piで作ってみた。(しかも御坂美琴ちゃんが応答してくれる):https://qiita.com/KAKY/items/55e6c54fa2073cdc0bbe

手順通りにやってみる

臨機応変に対応しながら,LanからのアクセスでLEDが光るようになりました.

外部からアクセスする

本家では,「Outgoing WebHooks」というSlackのAPIを使い,”POST先のURLは、Raspberry PiのパブリックIPアドレスにすればよいです” とありますが,その後の説明が端折られています.

私は,Web屋さんではないのでわからんという感じです.とりあえず,調べたりしてできたので一例として紹介します.

ブラウザで「グローバルIP」などと検索し,それっぽいサイト(今回は:https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi)で自分のグローバルIPアドレスを調べます.今回は,画像のように 218 から始まるIPアドレスでした.

 

 

 

このIPアドレスを,「Outgoing WebHooks」の設定画面のURLにコピペします.

 

 

 

次は,ポート転送設定です.ルーターの管理画面にログインしてください.我が家では,BUFFALOのルータを使っているので,ブラウザで192.168.1.1を打つとこうなります.人によっては,NTTのONU(光モデム)がルーターになっているかもしれません.

 

 

 

 

 

今回のBUFFALO Airstationの例では, ゲーム&アプリ -> ポート変換 より,

プロトコル : TCP/UDP HTTP(TCPポート:80)

LAN側IP : RaspberryPiのローカルIPアドレス(例:192.168.1.20)

LAN側ポート : 80

として,新規追加します.

 

 

 

 

完成

slackで,rpi-ledチャンネルでLEDと打てばLEDが光ります.

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です